スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



レコードストアクラスの実装ほぼ完了

ゲームのセーブデータを保存する仕組みを実装した。
前回まではビットシフトなどして2byteデータを保存していたりしましたが,
DataOutputStreamを使えば,writeShortとかwriteByteなどで対応できると判明。
前回の苦労は無駄だったみたい(笑)

今日はレコードストアをクラス化して,自分のゲーム用にラッピングしました。
オプション画面で設定した音量を,次のゲーム起動時にも再現できるように変更しました。
この仕組みができたので,あとは各クラスでシリアライズ処理を実装すれば,セーブデータは問題なく動くのではと期待している。

フォントに関しての実験をしたが,自分がもっている816SHはBOLD設定が効かないようだ。
さらに影つきフォントの方が読みやすそう。
影つきは先に影の色で字をを描画してから
次に正式な色で字を描画するという手段であることがわかった。
このために文字列描画処理部分を実装しなおさないといけないかも。
結構時間を使用したところなので,再実装はちょいとヘコむ。

文字表示はよく使われるから実装しないとな。

次回は文字表示の研究と実装。
その次はシーンごとのミュージックの引継ぎ方などの考察と実装。
これが終わったあとはキー入力のFPS制御でしょうか...。

ゲームの話はまだまだでてきませんが,しばらくお待ちください。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
あなたは
キーワード
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

WEB検索
Google

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。