スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「Effective Java 第2版」を読みました

Javaを使う人なら読んでて当たり前と言われている本。
恥ずかしながら,ずっと読んでいませんでした。

図書館にあったので借りて読みました。



とても読みやすい良本ですね。
導入部分から分かりやすい。

この本はAPI設計および実装する人向けです。
という感じに書かれているんですが,
「じゃぁ俺関係ないじゃん」
と思うなかれ。

その後に,会社でなんらかのソフトウェアを作っていると
自然にライブラリができてくる,それはAPIと言っても良い
というようなことが書かれている。

(まえがきには「再利用可能なコンポーネントを書いていると意識せずに,再利用可能なコンポーネントを書いたりするのが普通です」と書かれている)

とくにライフサイクルの長い製品を作っていると「あるある」だと思います。

ようする会社に入って製品を作っている人,全員がこの本の読者となります。

同じEffectiveの冠がついている「Effective C++」と比べるとかなり読みやすいし為になります。



それはJavaが明瞭でシンプルだからだと思います。

もし仕事でJavaを使い始めた人,これから使う予定の人にオススメです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 図書館で借りた本
ジャンル : 本・雑誌




コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
あなたは
キーワード
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

WEB検索
Google

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。