スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



フレームワークの速度が遅い...

新しいアプリを作ると同時にフレームワークも作ったのですが,
あんまり速度がでていない。

表示オブジェクトの数が多くなると
どうも描画速度が遅くなる。

30FPSってたいした速度じゃないのですがね...。
多分フレームワークの実装が良くないのだろうと...。

時間があれば,パフォーマンス調査して調整していきたいと思っているんですが。

解像度が高720x1280のような端末で動作させると
ヒープ(メモリ)使用量が半端無く大きくなるという改善点もある。

改善すべく画像の読み込み処理でBitmapFactory.OptionsのinPreferredConfigに対して
Bitmap.Configを指定して読み込む処理を実行しました。

設定したConfigの値は,デフォルトのARGB_8888ではない,ARGB_4444やRGB_565を使用しました。
これを使用することでメモリ使用量を減らすことはできたのですが、
106SHではべらぼうに描画スピードが落ちました。

http://developer.android.com/intl/ja/reference/android/graphics/BitmapFactory.Options.html#inPreferredConfig

多分これはメモリアライメントと関係しているのではないかと思います。
ARGB_8888であれば32bitで1Pixelを表せるので,
演算やデータ転送時に簡単に処理することができるのではないかと考えています。

メモリ使用量を減らすのは違うアプローチをとった方がいいようですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム開発
ジャンル : コンピュータ




コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
あなたは
キーワード
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

WEB検索
Google

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。