スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



MIDP -> Android その6 サウンド関連

MIDPではサウンド周りの共通クラスがないので,
キャリアごとに搭載されているサウンドチップにあわせたライブラリが用意されていました。

S!アプリとAndroidではサウンド周りが全く変わりました。
再生できるファイルタイプが増えたし,
S!アプリのときのように少ないファイル容量に悩まされずに
綺麗な音が使えるようになると思われます。


ボリュームの設定
Androidのボリューム設定は
AudioManagerの以下のメソッドで設定するそうです。

public void setStreamVolume (int streamType, int index, int flags)

http://developer.android.com/intl/ja/reference/android/media/AudioManager.html#setStreamVolume(int, int, int)

この第三引数はなんだろう?と思ってたのですが,
どうやらAudioManagerに定義されているFLAG_が付く定数のようです。

http://developer.android.com/intl/ja/reference/android/media/AudioManager.html#FLAG_PLAY_SOUND

例えば音量を変更したときに音を鳴らすとか。

こちらのサイトで音を変更したときにダイアログを表示するフラグについての説明しています。
https://sites.google.com/site/androidappzz/home/dev/volumesample


明日はSE音の実装しよ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム開発
ジャンル : コンピュータ




コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
あなたは
キーワード
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

WEB検索
Google

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。