スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



画面切り替え

メニューコントロールを作成していたが,それよりも画面切り替え部分を作った方がいいだろうと,
実装をいったんとめ,画面切り替えクラスを実装中。

メニューコントロール実装中に,アクセスレベルについて考えてみた。

リストとその要素にあたるリストアイテムがあるとする。
リストアイテムとリストを別クラスとして実装すると,リストのメンバにアクセスできない。
ということでリストアイテムにリストのメンバ変数をセットする関数を用意する。

これだと関係ない人もセット関数を呼べてしまう。

どうしたらいいかなぁと考えたて,
とりあえずリストアイテムクラスをリストクラスのインナークラスとして実装した。
これによりリストアイテムはリストクラスのメンバにアクセスし放題。

C++のfriendに似ている。

この実装方法であっているか不明ですが,
問題が発生しない限り,この実装でいこうと思います。


コードの大幅変更が多くなってきたので,今日からSubVersionでバージョン管理をすることにしました。
CVSより扱いやすい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
あなたは
キーワード
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

WEB検索
Google

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。