スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



MIDP -> Android 移植 その2

JavaのEnumが使いにくい

JavaのEnumは初期値を設定することができません。

代替案としてenumにintのメンバ変数を持たせて,
コンストラクタで値を指定するのは...というものがありました。
それじゃ〜static final intで値降っているのとかわらないじゃん><

初期値を持たせることができれば

enum Index
{
    INVALID_INDEX = -1,
    FIRST_INDEX,
    MAX
}

って、できるのにな...。


VectorなどのCollectionの扱いがかわっている
MIDPでVectorなどで要素を全部まわすときはEnumaretionクラスを取得して回していたが,
AndroidはJava5ベースなのでEnumaraiton<?>のようなジェネリクスクラスになっている。
ただJava5ではiterator()メソッドを使う方がいいって...どこかに書いてあったような。
そもそもVectorクラス自体が互換性のために残されたクラスでArrayListクラスを使った方がいいなんて...
J2MEとJ2SEのフラグメント問題とMIDPとAndroidのフレームワークの差...両方吸収って><
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム開発
ジャンル : コンピュータ




コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
あなたは
キーワード
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

WEB検索
Google

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。