スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



SurfaceViewってはやいのか???

SurfaceViewは高速に描画できる(Open GL ESよりは劣るけど),
と今日はフレーム制御処理を実装して計測してみた。

30FPSで同期とるようにしたけど,計測値がまちまち。
24FPS前後のときもあったり,
ボタンを押しまくるとなぜか33FPSあたりになったり。
CPUがさぼっているのか...。

遅い理由は計測期間と5秒に設定していたため,
平均時間を出すのに遅くなってしまっていたということが判明> <

計測期間を短くしたら50FPS前後もでるように。

ただフレーム数が安定しない。
Thread.sleep()の限界か!?

まだ自分のコードになんか問題があるのかなぁ...涙

移植するアプリは16FPS(なぜ中途半端な値にしたんだ自分www)
速度的な問題はクリアできた。

スピードが要求されるアプリを作るには,
Open GL ES使う方がいいのだろう。

勉強して作りたい品質のアプリを作れるようになるまで
かなりの時間がかかりそうなので,当分パスするつもり><

いずれは3DやらないにしてもOpen GL ESは理解しておかないとな...。
数学の行列なんて忘れたがなwww
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
あなたは
キーワード
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

WEB検索
Google

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。