スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



bitbucketでGitリポジトリを作成

GitのクライアントはTortoiseGitを使ってみる。
(EclipseのEGitもあるみたいだけど)

TortoiseGitはmsysgitを使うようなのでコチラを先にインストールしておく必要があるようです。

http://msysgit.github.com/
(Git for Windowsを使いました)

TortoiseGit。
http://code.google.com/p/tortoisegit/wiki/Download

インストール手順についてはコチラを参考にするといいかも。
http://tortoisegitjapan.com/install-tutorial-01/

迷ったのがSSHクライアントの選択だったんだけど,
TortoisePLinkはTortoiseGitが用意したSSHクライアントで,
もう片方はOpenSSHのクライアントを使用するってことでしょう。

インストールが済んだらTortoiseGitの言語を日本語にする。
(言語パックをインストールしてからね)

SSHでログインしたいので鍵を生成する。(Windowsの方は)
C:\Program Files\TortoiseGit\puttygen.exe

bitbucketでのSSH keyの生成方法。
https://confluence.atlassian.com/display/BITBUCKET/How+to+install+a+public+key+on+your+bitbucket+account

または
http://www.tempest.jp/security/keygen.html

puttygenでSSHの鍵を生成するんだけど...
ウィンドウ上でマウスをぐりぐりしないといけないのねw
しばらく待ってしまったw

生成した鍵をbitbucketサイトの「SSH Keys」に貼り付ける。

試しにcloneをローカルに実行。
やっとこさ成功しました。

コミットしてプル(これであってるのか?)して,bitbucket上のリポジトリにファイルを追加することができました。

SubVersionとは違うだけに操作方法も違うみたい。
Gitについても本を読まないとかもなぁ...。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
あなたは
キーワード
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

WEB検索
Google

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。