スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Android Bazaar and Conference 2012に行ってきた

昨日は東京大学 本郷キャンパスで開催されたAndroid Bazaar and Conference 2012に行ってきました。


< 10:00~ 丸山 不二夫さんによる基調講演 >
Androidに限らず,IT世界の流れについて講演。
アプリだけでなくハードウェアなど業界全体のこれからの流れを理解することができ
基調講演としてもっとも適している内容だったなと思いました。

講演を聞いていて思い出したのが,MicrosoftによるSkypeの買収。
LINEなどと同じジャンルのアプリになるので,
今後Microsoftがどのように展開するか,かなりキーになるのではと思った。


< 13:00~ 坂本達夫さんによる「スマートフォン時代における新たな広告収益戦略」>
Google傘下のadmobを使用した広告収益戦略。
終始,admobについて丁寧に解説していました。
admobとは?というような初めて見る人にとっては良い講演だったと思います。
ただABC2012に集まったアプリ開発者などにとっては物足りなかったのでは?
(同じ時間に講演されていたUnity講演に行けばよかったと思ってしまった...)

もうちょっと泥臭い話をしてくれたらよかったなと思いましたwww

< 14:00~ GREE 海老原智さんによる「Better JavaによるAndroidアプリの開発」>
Eclipse Xtendを使うときのTipsおよび感想。
GREEの技術者は新しい言語を常にキャッチアップしていることがわかりました。

業務で使用できるかわからないが常に評価している姿勢はさすがだなと思いました。
今やIT業界は数種類の言語を使いこなすことが当たり前になってしまったみたいですね。
自分もがんばらんと...と思いました。

< 15:00~ 日本三大SNS GREE/Mixi/DeNAによる座談会 >
次の講演の時間にかぶりそうだったので,途中で退場。
現場の人間が感じている日本のソーシャルについての雑談。
安田講堂の大きなステージにテーブル1つ。
まるでカフェで話しているような感じ。

< 16:00~ 株式会社レキサスによる「知って得するHTML5とJavaScriptでネイティブアプリ開発、最新動向」>
appMobiを国内で提供する代理店の株式会社レキサスの講演。

現代はiPhone, Androidと複数のデバイスに対応しなければいけない。
できるだけ開発コストを抑えるためにクロスプラットフォーム対応の開発ツールを用いることが考えられる。

そのなかのappMobiについて紹介。
appMobiの特徴は以下のとおり。

・Chromeブラウザで動作する開発ツール(IDEといってもいいかな)
・データおよびビルドはクラウドサーバ上で保持・実行。
・コーディングはHTMLとJavascript。
・各アプリはWebView上で実行されるというイメージ。
 Webだけで実行できない箇所や速度を上げるためにネイティブで動作するところもある。
・動作テストはクラウド上に配置されたアプリを専用アプリで実行。
 そのときはURLを指定するだけで実行できる。

講演内にサンプルアプリをコーディングしていました。

HTMLはブラウザ上で編集せずにPCでviを使って編集してました。
ビルドをクラウド上で実行していたので,完了するのにかなり時間かかっていました。

業務で使うには…汗。
クラウドサーバが落ちたときを考えると...。
(ただ説明のときにローカルのサーバにうんたらして実行しているといってたので,オンプレミス型ができるのかも)

マルチデバイス対応する方法としては,ネイティブとHTMLを組み合わせたハイブリッド型が今後の主流になるのではないかと思いました。

< 17:00~ 橋本謙太郎による「Androidのマネタイズ~アプリ内課金とリワード広告~」>
リワード広告についての説明。
リワード広告を知らなかっただけに,とても参考になった。
本日一番といってもいいほど説明が明快だった気がします。
なので興味ある方は後日公開される(と思う)YouTubeの動画を見てください。


以上
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
あなたは
キーワード
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

WEB検索
Google

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。