スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



SubVersionとLibreOffice

今日もコーディング。
久しぶりのjavaで忘れてしまったことがあった。

プリミティブ型の配列って,各要素の実体があったんだっけか?

と悩んでしまったが,クラス型じゃなければ,実体があるんだよな。
そしてデフォルト値はfalse。

久しく触ってないとすぐ忘れちゃうね。


そうそうタイトルのとおり
ソースコード管理はSubVersionでやっています。
ソースコード以外のドキュメントも管理しているんだけど,
おどろいたことにSubVersionとLibreOfficeが連携していること...。

というかLibreOfficeが外部から変更履歴を受け入れるらしくて
SubVersionの変更データを渡すと,どこが変更されたのかがわかるという。

MicrosoftOfficeの場合,ファイル内に変更履歴を持っていて
ファイル自体がどんどん汚れていく感じ(そこら中に変更履歴だらけに)がしたんだけど
変更履歴は差分管理システム側に任せるという方がすっきりするなと思った。

個人で仕事する分にはMicrosoftOfficeなんて買う必要ないなと思った今日この頃。

今日はテクノロジーをコードに落とし込むという作業で
結構これがボリュームがあった。

テクノロジーの数が112個あるのが,その理由だろうけど。
ぼちぼち尻に火をつけないとな。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
あなたは
キーワード
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

WEB検索
Google

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。