スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Zオーダを考慮した描画

ゆっくりと開発してます。
とはいえ、まだ基本技術に関して調査と実験を行っているところです。
前回はMIDP1.0で作っていたので、次回作はMIDP2.0にしようと考えてます。
そのためには前回のみすぼらしいコードを捨て、0から作ることになるのですが…。

MIDP2.0からドラクエ風のマップを描画するクラスが用意されていて、さらにその上にキャラを描画するクラスが用意されています。
キャラ用のクラスはSpriteクラスで、アニメーションなどを管理できるようになってます。

しかし奥行き管理については実装されていないので自分で管理しなくてはいけません。

いろいろ調査するとクイックソートが一番いいのかなと思い実装してみました。

描画前に毎回Z軸の並びでソートするようにしました。
時間かかって、もっさりするかと思っていたけど、やはり単純な数値計算はさほど時間を必要とせず、スムーズに描画できました。

思い通りにいくと気持ちいいもんだ。
スポンサーサイト



アクセス
あなたは
キーワード
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

WEB検索
Google

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。